仮想通貨/ビットコインの買い方|初心者向けに購入手順を徹底解説

(公開日:

本記事は、仮想通貨/ビットコインの買い方(購入方法)を初心者に分かりやすく解説する。仮想通貨/ビットコインを購入する際、仮想通貨取引所での口座開設が必要となるため、具体的に説明していこう。

また、個別の仮想通貨取引所、スマホアプリ、通貨別の買い方、レバレッジ取引、仮想通貨を保管するウォレット、仮想通貨取引所への入金、購入後の税金についても言及し、仮想通貨の購入に関する注意点やQ&Aも最後にまとめている。

なお、どの銘柄の仮想通貨に投資するかを検討したい方は、以下の記事も参照されたい。

そもそも仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨の買い方・購入方法の前に、「そもそも仮想通貨とは何か」を整理する。仮想通貨(暗号資産)とは、電子データのみでやりとりされる通貨で、法定通貨のように国家の強制通用力(金銭債務の弁済手段として用いられる法的効力)を持たず、主にインターネット上での取引に用いられる。デジタル通貨(digital currency)と呼ばれることもある。

2009年に運用が開始されたビットコインの登場以降、アルトコインと呼ばれる派生の仮想通貨も次々に生まれ、法定通貨と仮想通貨を交換する仮想通貨取引所が多く登場したことで、仮想通貨の保有が急速に広がった。なお、仮想通貨の今後や将来性について知りたい方は、以下の記事を参照されたい。

仮想通貨/ビットコインを購入する手順

さて、仮想通貨/ビットコインを購入するには、仮想通貨取引所の「口座開設」から始まり入金まで必要となるが、どの仮想通貨取引所も大まかな手順は以下の通りだ。

仮想通貨/ビットコインの買い方(購入方法)6ステップ

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所/販売所への登録
  2. 本人確認書類の画像の提出
  3. スマホでSMS認証を実施
  4. 二段階認証の設定
  5. 暗号資産(仮想通貨)取引所/販売所への入金
  6. 暗号資産(仮想通貨)の選定・購入

具体例として、本記事では以下より、仮想通貨取引所の一角であるDMM Bitcoinの場合を取り上げて解説する。

参考までに、DMM Bitcoinの場合は『スマホでスピード本人確認』(口座開設時の本人確認をオンラインのみで完結する方法。スマートフォンアプリを利用)ができる。従来の本人確認と違い、郵送物(認証コード)の受け取りが一切不要、本人確認書類の提出は1点のみで済む。これにより、最短1時間で取引可能なため、なるべく早く進めたい方にはおすすめだ。

それでは、いよいよ以下から、仮想通貨/ビットコインの買い方の6ステップを追っていこう。

1. 仮想通貨/ビットコイン取引所への登録

まず最初のステップは、公式サイトやアプリ上でメールアドレスを入力し、仮登録を完了する。

入力したメールアドレス宛に以下のようなリンクが送付されるので、クリックの上、パスワードを設定。

パスワードを設定後、各種基本情報を入力する。

入力内容を確認し、書類登録に進む。

2. 本人確認書類の画像の提出

本人確認書類として、運転免許証やパスポート、マイナンバーカード等が選択できる。また、加えて自分の顔を写した書類・データの提出が求められる場合がある。なるべく手続きを早く進めたい方は、たとえばDMM Bitcoinの場合、「スマホでスピード本人確認」で提出すると、最短1時間で取引が可能となる。

3. スマホでSMS認証を実施

本人確認の審査が完了すると、SMS認証と呼ばれる電話番号の確認を求められる。SMS認証が完了すると、「スマホでスピード本人確認」の場合は、登録したメールアドレス宛に審査結果の連絡が入る。「本人確認書類アップロード」の場合は後日、自宅にハガキが送付される。このハガキを受領した時点で、口座開設が完了となる。

4. 二段階認証の設定

口座開設完了後は、二段階認証を設定する。二段階認証とは、仮想通貨取引所にログインする際、二段階のコード入力が求められる設定のことを指す。ハッキングリスクを低減するために重要な手続きだ。

5. 仮想通貨取引所への入金

暗号資産(仮想通貨)を購入するには、仮想通貨取引所に日本円の入金が必要だ。銀行口座等から入金手続きを実施することで完了する。

6. 暗号資産(仮想通貨)の選定・購入

入金後、自分が欲しい暗号資産(仮想通貨)を選定の上、購入する。通貨の種類・数量を指定し、注文を出すことで、暗号資産(仮想通貨)の購入ができる。

以上が口座開設から購入までの大まかなステップだ。なお、仮想通貨取引所の1つであるコインチェックが動画で仮想通貨/ビットコインの購入手順を公開しているので、気になる方は確認してみよう。

【参考】仮想通貨取引所/販売所の選び方

世界中に数多くの仮想通貨取引所が存在するが、口座開設を行う場合は、金融庁に「暗号資産交換業者」として正式に認可された国内の仮想通貨取引所から選ぶことを推奨する。以下の参考記事では、「サービスの使いやすさ」「取扱銘柄の豊富さ」「売買に要するコスト」「システムの安定性」「ハッキング時の補償制度の有無」を含む複数の評価軸に基づいて国内の仮想通貨/ビットコイン取引所を比較・評価しているので参考にしてほしい。

取引所を選定する際は、暗号資産(仮想通貨)の仕組みや特徴について理解を深めた上で、上記のページの記載内容を判断材料に、自身にとって最適な取引所を決めることを推奨する。

仮想通貨/ビットコインを購入可能な取引所

初心者が仮想通貨を購入する場合は、ユーザー数が多く、操作が簡単な仮想通貨取引所を選ぶのが最も安心だ。代表例は以下の通り。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

を運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM.com証券を傘下に抱える合同会社DMM.comのグループ会社。売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。DMM.com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。

取扱仮想通貨 12種類
手数料 販売所:スプレッド
最低取引数量 BTC/JPY:0.0001, ETH/JPY:0.001, XRP/JPY:1
スマホ対応 注文・分析に優れたスマホアプリ
セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施
DMM Bitcoinの口コミ•評判口コミを見る
  • アプリ日本最大級の大手取引所なので、システム的にもしっかりしていますし、セキュリティ対策もされているので、安心して使うことができています。は使いやすく、注文方法も簡単。手数料もリーズナブルで使いやすく、欠点を探すのが難しいくらいの取引所だと思います。

    ★★★★★5点
    (40代・男性)
  • DMM Bitcoinは一年中サポート対応をしてくれるので、不安が大きい初心者さんでも安心して使うことができると思います。

    ★★★★4点
    (20代・女性)
  • 若い人にも使いやすいんじゃないかな。画面はスマホ版は見やすくわかりやすく、レスポンスも良いです。ここが一番良い点だと思いますね

    ★★★★4点
    (20代・女性)
coincheck(コインチェック)

を運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:の傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。サービスの使いやすさに定評があり、スマホアプリの累計ダウンロード数は2021年7月時点で415万を記録。取引手数料は無料。国内では最多となる17通貨に対応しており、国内ではの理事(非常勤)を務めている。

取扱仮想通貨 17種類
手数料 取引所:0%
最低取引数量 円建てで500円相当額
スマホ対応 投資初心者でも見やすく分かりやすい優れたUI/UX
セキュリティ 国内外複数の情報セキュリティ企業等を通じ、情報システムの信頼性、安全性、効率性のモニタリングを実施
Coincheckの口コミ•評判口コミを見る
  • アプリは使いやすく、注文方法も簡単。手数料もリーズナブルで使いやすく、欠点を探すのが難しいくらいの取引所だと思います。

    ★★★★★5点
    (50代・女性)
  • とくに、チャートの見やすさがバツグン。取引ができる通貨の種類が多いところも、Coincheckのウリだと思います

    ★★★★★5点
    (20代・女性)
  • 良いところは初心者でもまごつかないアプリが用意されていること。仮想通貨初心者ですが、使い方をマスターできることが嬉しい。

    ★★★★4点
    (50代・女性)
GMOコイン

を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。

取扱仮想通貨 14種類
手数料 取引所:-0.01%〜0.05%/販売所:スプレッド
最低取引数量 0.00005 BTC / 回(販売所)、0.0001 BTC / 回(取引所・現物取引)
スマホ対応 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ
セキュリティ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理
GMOコインの口コミ•評判口コミを見る
  • 仮想通貨のFX取引がスマホでササッとできます。外出中、合間の時間、寝ながら、などなどかなり便利です。ちなみに、チャート機能もあります。

    ★★★★★5点
    (30代・男性)
  • 一言で言うと、とても満足です。アプリで手軽に取引ができるので、仮想通貨取引に明るくない人でも、ハードルが低いところが良いです。

    ★★★★4点
    (20代・女性)
  • 過去の取引内容が取引画面の下方に表示されるため、一気に値が動き始めた時などに、目標を瞬時に判断することが出来るのが大きな武器だと思います

    ★★★★4点
    (20代・女性)
bitFlyer(ビットフライヤー)

は、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。創業者の加納裕三氏は、の代表理事を務めており、 グループ子会社のでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。

取扱仮想通貨 13種類
手数料 取引所:0.01〜0.15%/販売所:無料
最低取引数量 取引所:0.001BTC/販売所:0.00000001BTC
スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能
セキュリティ を他社に先駆けて導入
bitFlyerの口コミ•評判口コミを見る
  • bitiFlyerはセキュリティ面で安心できるのが大きいです。 世界でセキュリティが1位というインパクトは凄い。

    ★★★★4点
    (30代・男性)
  • とても見やすいホーム画面で使いやすい取引所です。自分の資産が現在プラスなのかマイナスなのかが分かりやすい。

    ★★★★4点
    (40代・女性)
  • アプリも非常に使いやすいので良いと思いました。初心者の方にも十分におすすめできます

    ★★★★4点
    (20代・女性)

仮想通貨/ビットコインの購入はスマホ一つで可能

「仮想通貨/ビットコインを購入する」と聞くと、「なんだか難しそう」と感じるかもしれないが、基本的には、スマホ 1台あれば誰でも簡単に仮想通貨取引所の口座開設が可能だ。また、スマホで仮想通貨/ビットコインを購入する場合は、ブラウザ(SafariやChrome等)でも購入自体は可能だが、「アプリの方が使いやすい」という声も根強い。「とにかく気軽に仮想通貨を購入してみたい」方にとっては、アプリをダウンロードしてみるのも良いだろう。具体的には、以下の記事を参照されたい。

通貨別:仮想通貨/ビットコインの買い方

通貨別の購入方法・始め方や詳細については、以下の記事を参照されたい(ただし、ビットコインの始め方は上述しているため、割愛)。

レバレッジ取引はリスクにも留意

現物取引のみならず、レバレッジ取引(別名:仮想通貨FX)ができる仮想通貨取引所/販売所も存在する。注意点としては、レバレッジ取引は手元の資金以上の取引が可能で効果的な運用ができる反面、損失を被るリスクも併せ持つ。挑戦する際はその点に留意いただきたいが、レバレッジ取引を扱っている取引所の代表例は以下のとおりだ。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

を運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM.com証券を傘下に抱える合同会社DMM.comのグループ会社。

取扱仮想通貨 12種類
手数料 販売所:スプレッド
最低取引数量 BTC/JPY:0.0001, ETH/JPY:0.001, XRP/JPY:1
bitFlyer(ビットフライヤー)

は、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。

取扱仮想通貨 13種類
手数料 取引所:0.01〜0.15%/販売所:無料
最低取引数量 取引所:0.001BTC/販売所:0.00000001BTC
GMOコイン

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。

取扱仮想通貨 14種類
手数料 取引所:-0.01%〜0.05%/販売所:スプレッド
最低取引数量 0.00005 BTC / 回(販売所)、0.0001 BTC / 回(取引所・現物取引)

購入後は仮想通貨をウォレットで保管

暗号資産(仮想通貨)を購入した後は、それを保管する必要が出てくる。その際、ハッキングリスクを抑えるためには、自身のウォレット内で暗号資産(仮想通貨)を保管することを推奨する。

ウォレットの種類には、ウェブウォレット、モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレット等があるが、利便性とセキュリティの観点からは、できればハードウェアウォレットでの保管を心掛けたい。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、サービス提供者のサーバー内で暗号資産(仮想通貨)を管理するタイプのウォレットだ。利便性の高さが特徴で、インターネット環境下であれば、いつでもアクセスできる。一方で、セキュリティ面はサービス提供者に依存する点に留意したい。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとは、iPhoneやAndroid上のアプリとして動作するタイプのウォレットだ。QRコードが利用できる点や持ち運びできる点が特徴で、実際の店舗で使うには最も便利なウォレットの一つだろう。一般的には、ウェブウォレットよりも安全性が高いと言われている。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとは、自身のPC上にインストールし、ローカル環境で管理するタイプのウォレットだ。ウェブウォレットよりもセキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、専用のハードウェア端末に暗号資産(仮想通貨)を保管するタイプのウォレットだ。オフライン環境下での保存が可能で、セキュリティ面で優れているのが利点だ。ただし、そもそものハードウェアウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。

ペーパーウォレット

秘密鍵や、秘密鍵を復元するためのパスワードを紙などの物理媒体に転記し、保存するタイプのウォレットがペーパーウォレットだ。ハードウェアウォレットと同様、オフライン環境下での保存が可能であり、非常に高いセキュリティ性能を誇る。ただし、ペーパーウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。

【参考】ウォレットの主な事例

Bitcoin.com
  • 開発主体:Bitcoin.com
  • タイプ:デスクトップウォレット/モバイルウォレット
  • 対応通貨:BTC /BCH
  • 日本語対応:対応済
  • 公式サイト:
BitGo
  • 開発主体:BitGo
  • タイプ:ウェブウォレット
  • 対応通貨:BTC /XRP/ETH/ERC20トークン/Stellar/BCH/LTC/DASH/ZCASH等
  • 日本語対応:未対応
  • 公式サイト:
BitPay
  • 開発主体:BitPay
  • タイプ:ウェブウォレット
  • 対応通貨:BTC/BCH
  • 日本語対応:未対応
  • 公式サイト

複数の暗号資産(仮想通貨)取引所で口座開設

セキュリティの観点から、一つの暗号資産(仮想通貨)取引所に自身の暗号資産(仮想通貨)を集中させて保管するのはリスクが伴う。また、取引所毎に手数料・スプレッドや取扱銘柄の種類も異なるため、いくつかの暗号資産(仮想通貨)取引所で口座開設した上で、自分の投資スタイルに合う取引所を選ぶことにメリットがある。

仮想通貨/ビットコイン購入後の税金

仮想通貨を購入した後に利益を得た場合、税金の支払いが義務付けられている。ここでは仮想通貨の税務上の取り扱いについて説明するが、詳細については以下の記事を参考にしていただきたい。

暗号資産(仮想通貨)と所得税

所得税の取り扱いについては、国税庁からのやによって、以前から税務上の取り扱いが公表されていたが、平成31年度税制改正を踏まえ、「所得区分は原則として雑所得であること」「取得価額の計算方法については、移動平均法または総平均法とすること」が明らかにされている。また、所得の計算方法については、平成29年12月に国税庁から公表された「」において、詳細に記載されている。詳細については、こちら「」を参照のこと。

暗号資産(仮想通貨)と法人税

法人税の取り扱いについては、により、法人税法上の取り扱いが明確化されており、これに従い、課税所得を算出し、実際の税額を計算することとなる。具体的には、「法人が期末に保有する暗号資産(仮想通貨)の評価方法については、活発な市場が存在する暗号資産(仮想通貨)については、時価評価により評価損益を計上すること」「法人が暗号資産(仮想通貨)の譲渡を行った場合の譲渡損益については、その譲渡に係る契約をした日の事業年度に計上すること」「暗号資産(仮想通貨)の一単位当たり譲渡原価の算出方法については、移動平均法又は総平均法とすること」「法人が事業年度末に有する未決済の暗号資産(仮想通貨)の信用取引等については、事業年度末に決済したものとみなして計算した損益相当額を計上すること」が明らかにされている。詳細については、こちら「」を参照のこと。

暗号資産(仮想通貨)と消費税

消費税の取り扱いについては、によって、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)の譲渡が行われた場合、支払い手段の譲渡として、2017年7月1日以後、非課税取引に該当することが明らかにされた。詳細については、こちら「」を参照のこと。

暗号資産(仮想通貨)と相続税

相続税・贈与税の取り扱いについては、2018年11月に国税庁より公表された「」の中で取り扱いが明確化されている。具体的には、暗号資産(仮想通貨)を相続や贈与により取得した場合には、相続税又は贈与税が課税されることが定められている。また、評価方法については、活発な市場が存在する場合には、相続人等の納税義務者が取引を行っている暗号資産交換業者が公表する課税時期における取引価格によって評価することが定められている。詳細については、こちら「」を参照のこと。

仮想通貨/ビットコインを購入する上で守るべき重要なポイント

仮想通貨/ビットコインを購入する上で、初心者が守るべき重要なポイントを下記に整理する。

1. 投資は余裕資金で行う

仮想通貨に限った話ではないが、投資は余裕資金で行うことを心掛けるべきである。生活費や将来的に必要となる資金に手をつけることは避けよう。

2. まずは少額取引から

いきなり多額の資金を投資するのではなく、まずは少額投資から始めることを心掛けたい。仮想通貨は、株式投資や外国為替をはじめとする他の金融商品と比較して、少額から取引を始めることが可能である。初心者のうちは、焦らずにゆっくりと少額から仮想通(暗号資産)貨投資をスタートすることを推奨する。

3. 仮想通貨FXは取引に慣れてから

仮想通貨取引に不慣れな初心者は、現物取引から始めることをおすすめする。現物取引の場合、元手が「ゼロ」になることはあっても、元本がマイナスになることは基本的にはない。一方、仮想通貨FX取引ではレバレッジ効果を享受して僅かな価格上昇でも大きな利益を得られる点が魅力だが、逆に、価格が下落した際に損失を被る可能性もあるので留意しよう。

仮想通貨の購入方法に関するQ&A

仮想通貨の購入方法に関するQ&Aを下記に整理する。

仮想通貨を購入するには、どのくらい手元に資金が必要か?

仮想通貨を購入する場合、必ずしも多額の資金を準備する必要はない。実際、ビットコインの場合、最低取引単位が0.0001BTCの取引所/販売所もあり、2020年2月29日時点のビットコイン価格であれば、100円未満の価格から購入することができる。(参考:ビットコイン購入いくらから

どの仮想通貨の銘柄を最初に購入すべきか?

投資は自己責任であり、どの仮想通貨を最初に購入すべきかについては一概には言えない。その前提を踏まえた上で、初心者に対しては、国内の仮想通貨取引所で扱われている仮想通貨から始めることを推奨する。

マイナーな仮想通貨を購入する際に注意すべきことは?

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所(交換業者)で取り扱われていない銘柄については、信頼性が相対的に低い可能性がある。暗号資産(仮想通貨)投資初心者の場合、出来る限り、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所(交換業者)で取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の売買から始めることを推奨する。

仮想通貨をクレジットカードで購入することは可能か?

2020年4月現在において、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所において、クレジットカードで暗号資産(仮想通貨)を購入することは禁止されている。海外においては、現在でもクレジットカードで暗号資産(仮想通貨)を購入できる取引所は存在するが、我が国の金融庁から認可を得ていない海外の暗号資産(仮想通貨)取引所で暗号資産(仮想通貨)取引を行うことは推奨しない。

仮想通貨投資は儲かるか?

そもそも、「絶対に儲かる」「間違いなくリターンが得られる」投資商品は世の中に存在しないことを理解すべきである。暗号資産(仮想通貨)投資(現物)でリターンを得るには、(基本的には)自身が保有する暗号資産(仮想通貨)が値上がりする必要があるが、暗号資産(仮想通貨)が値上がりするかどうかは、暗号資産(仮想通貨)に対する需給バランス次第であり、今後のマーケット動向を適切に把握することが求められる。

取引所別:仮想通貨/ビットコインの買い方詳細

各仮想通貨取引所での仮想通貨の購入方法について詳細を知りたい方は、必要に応じて参照のこと。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)で暗号資産(仮想通貨)を購入する場合、こちらのページ「」を参照のこと。

コインチェック(Coincheck)

コインチェック(Coincheck)で暗号資産(仮想通貨)を購入する場合、こちらのページ「」を参照のこと。

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー(bitFlyer)で暗号資産(仮想通貨)を購入する場合、こちらのページ「」を参照のこと。

GMOコイン

GMOコインで暗号資産(仮想通貨)投資を始める場合、こちらのページ「」を参照のこと。

仮想通貨/ビットコイン取引所への入金方法

暗号資産(仮想通貨)取引所への入金方法としては、銀行振込、コンビニ入金、クリック入金等が挙げられる。暗号資産(仮想通貨)取引所の具体的な入金方法については、下記のとおり。

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。

コインチェック(Coincheck)で入金する方法

コインチェック(Coincheck)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。

ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法

ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。

GMOコインで入金する方法

GMOコインで入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。

最後に

仮想通貨/ビットコインは、比較的に価格変動(ボラティリティ)が大きく、金融商品としてはハイリスク・ハイリターンな側面があるため、その性質を正確に理解した上で取引を行うことが求められる。本記事で紹介した仮想通貨の購入方法を手引きに、安全な仮想通貨取引をしていただきたい。

【参考文献】

ビットコイン: P2P 電子通貨システム

暗号資産交換業者登録一覧

仮想通貨交換業等に関する研究会

暗号資産に関するトラブルにご注意ください!

仮想通貨取引についての現状報告(平成30年4月10日)

暗号資産(仮想通貨)とは何ですか?(日本銀行)

キャッシュレス決済手段としての仮想通貨(全銀協)

仮想通貨に関する私法上・監督法上の 諸問題の検討(全銀協)

通貨の将来と仮想通貨の意義 ~デジタル化とブロックチェーンがもたらすもの~(参議院)

暗号資産に関する税務上の取扱いについて(国税庁)

仮想通貨市場は効率的か(財務省)

仮想通貨の現状と将来性(日本証券経済研究所)

仮想通貨と経済 ビットコインを中心として(ニッセイ基礎研究所)

仮想通貨の基礎知識 – 国際貿易投資研究所

「仮想通貨」を利用する前に知ってほしいこと。平成29年4月から、「仮想通貨交換業(仮想通貨交換サービス)」に関する新しい制度が開始されました

知人からの勧誘、セミナーでの勧誘による仮想通貨の購入トラブルにご注意 ―「必ず儲 もう かる」という言葉は信じないで!―(国民生活センター)

投資や利殖をうたう仮想通貨の勧誘トラブルが増加 -「必ず値上がりする」などの説明をうのみにせず、 リスクが理解できなければ契約しないでください-(国民生活センター)

性的な映像をばらまくと恐喝し、仮想通貨で金銭を要求する迷惑メールに注意

暗号資産取引業における主要な 経理処理例示

暗号資産取引月次データ

現物取引高上位暗号資産データ

平成27年度 我が国経済社会の 情報化・サービス化に係る基盤整備 (ブロックチェーン技術を利⽤したサービスに 関する国内外動向調査) 報告書概要資料

この記事の監修者
藤村大生 Aerial Partners事業開発部長 公認会計士/税理士
藤村大生
Aerial Partners事業開発部長公認会計士/税理士

監査法人で監査業務や会計・金融アドバイザリー業務に従事した後に株式会社Aerial Partnersに入社。暗号資産交換業者 / Dapps・NFT事業者に対しデータ管理システム提供やアドバイザリー業務を行う他、暗号資産の個人投資家向けの損益計算ツール()の提供、確定申告支援サービス()の提供を行なっている。Aerial税理士法人代表パートナー。担当記事に『』。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする