Jリーグ「浦和レッズ」がNFT──ミンカブがシステム基盤を提供

Jリーグ「浦和レッズ」がNFT──ミンカブがシステム基盤を提供

浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)がNFT事業を始める。NFTシステム基盤は、ミンカブ・ジ・インフォノイド(ミンカブ)が提供する。ミンカブが1月12日に発表した。

暗号資産(仮想通貨)用のウォレットがなくても購入できることが特長だ。「MINKABU(みんかぶ)」などの投資家向け金融情報メディアを運営するミンカブは、NFT市場が1年間で約4倍に拡大すると見込んでおり、今後も提携先を拡大する考えだ。

ミンカブは、2022シーズンから浦和レッズとトップパートナー契約を締結。練習着の背中上部に「MINKABU」のロゴを掲出するという。

NFT(ノン・ファンジブル・トークン=非代替性トークン):ブロックチェーン上で発行される代替不可能なデジタルトークンで、アートやイラスト、写真、アニメ、ゲーム、動画などのコンテンツの固有性を証明することができる。NFTを利用した事業は世界的に拡大している。

|テキスト:菊池友信
|編集:佐藤茂
|トップ画像:ミンカブ・ジ・インフォノイドのリリースより

おすすめ記事: